苦手な言葉を噛まずに言う方法!即席テクニック①

f:id:maco64:20190109192113j:plain

どうしても噛んでしまう「苦手な言葉」「言いにく言葉」ってありますよね?

今回は「根本的に活舌をよくするためのトレーニング方法」ではなく「即席でなんとかしたい・小手先テクニック」を紹介します。

スポンサーリンク

「小手先テクニック」とは?

筋肉をつけたいと思えば「筋肉トレーニング」が必要なように、なんでも地道な努力が必要です。活舌を良くすることもそう‥

ですが、早急になんとかしたい場面もあると思います。

  • 急にプレゼンを任された
  • 急に司会を任された
  • 急にスピーチを頼まれた など。

プロの噺家を目指している訳でもないのに、お金を払ってレッスンに通うのはちょっと‥。でも「できれば噛んだりしたくない。」そう思うのは当然です。

f:id:maco64:20190109204459j:plain

プロのように話せるようになりたい訳ではなく「今、言えなくて困っている言葉だけ」なんとかすることは可能かもしれません !!

小手先テクニックは、根本的な改善ではなく「その場しのぎ」の活舌テクニックです。

噛んでしまう「苦手な”行”」を把握しよう!

まずは、噛んでしまう「苦手な”行”」を把握しましょう。
ここでの「行」は、「カ行」「サ行」といった50音の行のことです。

噛んでしまう「苦手な言葉」は複数あると思いますが、噛んでしまう言葉には、共通して「同じ行」が入っていることが多いのです。

f:id:maco64:20191011152323j:plain

ピンとこない方は「早口言葉」を言ってみましょう!
嫌というほど言いにくい言葉が入っています。色々な「早口言葉」にチャレンジしてみると、「噛んでしまうところ」に共通点が見えてくるはず‥!

例えば「東京特許 許可局 」っていう早口言葉があります。
この早口言葉は「許可局」を「きょきゃきょく」って言いがちですよね。

「カ行」が苦手な方はとくに言いづらい言葉になります。

f:id:maco64:20190301203626j:plain

人によって苦手な「行」は異なり、「ラ行」だけが苦手と言う人もいれば、「カ行」「タ行」「ナ行」の3行とも苦手!という方もいます。

実は、50音の中には「言いにくい行」というのがあります。

日本語は他の言語に比べ、口や舌を使わなくても発音できる言葉が多く、「L」と「R」のように似ている発音も少ないです。
そのため、「口や舌を使わないと発音できない行」が苦手な人が多いのです。

カ行:舌の奥の方を上につけて発音
サ行:歯と歯の間を狭くし、歯と舌の間から空気を出しながら発音
マ行:1度口を閉じてから発音
ラ行:舌の先を1度上につけ、下にはじいて発音

といったように、「何か特別な動きを要する言葉」が苦手になりがちです。

「何の行が苦手なのか」によって、「口を動かすことが苦手」なのか「舌を動かすことが苦手」なのかも把握できますね!

舌のトレーニング方法は、こちらでも紹介しています↓↓

www.rakukatsu-diary.com

即席でなんとかしたい!「小手先テクニック」

まずは、「どこが苦手なのかを明確に確認します。

  1. 苦手な言葉・文章を、全部ひらがなで書きだしてみてください。
  2. 声に出して、読み上げてみてください。

 恐らく、全部が全部、噛んでしまうことはないと思います。
単語でも文章でも、「厄介な1~2文字」が潜んでいませんか?

<厄介な文字を探す例>苦手な言葉:「東京特許 許可局 」
「きょきょく」⇒「きょきゃきょく」と言ってしまう
厄介な文字は「か」になります

厄介な文字を発見したら、「どうしたら言いやすいか」を見つけます。

  • 厄介な文字を、強く言ってみる
  • 厄介な文字を、弱く言ってみる

私の場合はもっぱら「強く言います」
「きょきょく」みたいなイメージですね!

f:id:maco64:20191014030132j:plain

最初は「強く」言ってみて、どうしてもダメなら「弱く」言ってみるのがオススメです。なぜかと言うと‥

「弱く」言うのは「小手先中の小手先テクニック」です。率直に言えば「ごまかす」イメージです。
ダダ噛みするくらいなら、それとなく「ごまかそう」っていうことです(笑)

人間の脳は優秀で、単語の中の1文字が明瞭に聞こえていなくとも「多分こう言った」ってわかってくれる可能性が高いんですね。

できれば、まずは「強く」言ってみてください。
苦手意識は持たず、自信を持って発音してみてください。

例:「厄介な1文字」を強く言う

「厄介な1~2文字を強調する」と言っても、イメージしにくい方もいると思います。

例をいくつか挙げておきますので、ぜひ参考にしてみてください !!

●【老若男女「ろうにゃく なんにょ」

×「ろうみゃく なんにょ」⇒「ろうにゃく なんにょ」
×「ろうにゃく にゃんにょ」⇒「ろうにゃく んにょ」

●【派出所「はしゅつじょ」】
×「はしゅちゅじょ」⇒「はしゅじょ」

 ●【骨粗鬆症「こつそしょうしょう」

×「こつしょしょうしょう」⇒「こつしょうしょう

 

●【マサチューセッツ州「まさちゅー せっつ しゅう」
×「まさちゅー せっちゅ しゅう」⇒「まさちゅー せっ しゅう」
×「ましゃちゅー せっちゅ しゅう」⇒「まちゅー せっ しゅう」

いかがでしたでしょうか?

他にも言いやすくなるコツはあるので、また紹介します~!

スポンサーリンク

即席テクニック②もよければご覧ください↓↓

www.rakukatsu-diary.com