ブログは読んでもらわなきゃ‥!!

f:id:maco64:20191016205508j:plain

『ブログ』とはいえ‥他人に見て欲しくないなら「日記帳」につければいい。
誰かに見て欲しいから、『ブログ』をやっているんだ‥ !!

スポンサーリンク

過去の記事を書き直し

「Rakukatsu Diary」を立ち上げたときは、どちらかと言えば「日記帳」に近い感覚でした。「読んでほしい」というよりは、「公開しておくので見たい人は見てね!」くらいの感覚。

私が今まで「学んだこと」「体験したこと」を記事にして、誰かの役にたてたらいいな。それで収入が発生したらラッキー!くらいの気持ちでした。

f:id:maco64:20190504212200j:plain

でも‥ただ書くだけじゃアクセス数は伸びません。

誰かの役にたてたら」って‥その「誰か」に届いてる?

そう思い返して過去の記事を読んでみると‥「自分本位」な文章だと気づきました。

本当に記録として残しておくのであれば、公開する必要はないだろうし、誰かに届けたいと思っているのであれば、このままではいけない。

今まで書いた記事を修正することを決意 !!

f:id:maco64:20190301203626j:plain

記事を修正したところ

  • 記事のタイトル
  • 見出し
  • 行間、改行、装飾
  • 画像
  • 文章そのもの

 ほぼ全部‥っていう(涙

f:id:maco64:20191016214016j:plain

「記事のタイトル」

元々は「ただの一言概要」でした。記事の内容と無関係なタイトルはもちろんNGですが、「こんなことが書いてあるよ」では検索にヒットしないのですね‥。

「こんな人に読んでほしい」を追記しました。
タイトルを修正しただけで、アクセス数がちょっと伸びました。

「見出し」

はてなブログで「大見出し」をつけると、HTML編集で見たとき「h3」というタグになりますが、「h2」タグを使用した方が良いとのこと‥

「h2」タグを追加し、見出しの数字を繰り上げました。

加えて、せっかく「見出し」をつけても、文字が大きくなるだけでは「見出し」であることがわかりづらい‥。「見出し」のデザインを変更しました。

「行間・改行・装飾」

行間が詰まっていると見づらいと思い、わざわざ多めに行間を空けていましたが‥

思ったより、行間が空いている‥(涙

f:id:maco64:20191016221123j:plain

「編集画面」「プレビュー」「スマートフォン」それぞれ行間や改行するところが異なるので、3つをチェックすることに。

見やすくするために、慣れない装飾方法も検索しました。

「文字の大きさ」が「小・標準・中・大」と変更できますが、デフォルトの「中」は150%の拡大率。「中」なのに大きすぎる‥。HTML編集から130%に変更。

無駄に強調されすぎていた部分を、適度な強調に修正できました(笑)

「画像」

以前は、「見出し」が単なる「太字」×「文字が大きい」だけだったので、「見出し」とセットで画像を挿入していました。

「話が変わった=画像で区切る」役割を持たせていたワケです。

f:id:maco64:20191016221956j:plain

見出しデザインを変えたことにより、見出しがちゃんと「段落の区切り」として機能するようになりました。

無理に画像を挿入する必要がなくなり、本当に必要な部分にだけ画像を入れ直しました。

「文章そのもの」

冒頭に記載した通り、「日記帳」の延長として書いていた記事。全然「読み手」のことを意識していなかったので、自分が書きたいことを書いていました‥

なんのために書いているのか。と考えたとき、やはり「書きたいことを書く」であれば、日記帳で良いのでは?と思うのです。

せめて「伝えたいことを書く」にシフトしなければ、誰にも伝わらないし、読んでもらえない‥と今さらながら気づいたのです。

f:id:maco64:20190115011142j:plain

本当に「今さら」なことばかり書いていると思いますが‥どうかお許しを。

せっかく書くのであれば、誰かに読んでほしい‥ !!
頑張りまーす !!

スポンサーリンク