らくかつだいありー

「楽しく」「楽」に過ごすための「活動」が『らくかつ』!

活舌を良くしたい!舌のトレーニング方法

美しいボディになりたい!と思えば‥筋肉トレーニングをしますよね!

美しい活舌になりたい!と思ったなら【舌ベラのトレーニング】が必要です。。

f:id:maco64:20190313220054j:plain

 日本語は、口を大きく開けずに喋っても意味が通じたり、

ベロをあまり動かさなくても発音できる言葉がたくさんあります。

幼い頃から、ベロを使わないことに慣れてしまったことで

活舌が悪くなってしまっている人も多いかも!?

目次

 

レーニングその①

顎に力を入れすぎないで、縦に口を開きます。

そのまま 口は動かさないで、舌だけを動かして発音します。

「ら・な・ら・な・ら・な‥」

「ら・が・ら・が・ら・が‥」

「た・ら・た・ら・た・ら‥」

「な・ら・な・ら・な・ら‥」

 

ポイントは「口を動かさないこと」

これ全部、母音が「あ」の言葉なんですね。

 

だから口の形は変えなくても発音できるはず‥!

 

そして、全部「舌を動かさなくては発音できない言葉」なんです。

「ら」なら、舌を1回上にくっつけないと言えない言葉‥といった具合です。

 

レーニングその②

口を閉じたまま、舌をぐるぐる動かします。

円を描くように、上唇と歯の間を通り、下まで一周‥

 

そのまま10周するだけで‥結構疲れませんか?

10周したら、反対周りもやってみてください。

 

小顔効果もあるらしい!?です。

 

f:id:maco64:20190504170638j:plain

話すことが苦手な人ほど、口が開かなくなり、舌も動かなくなってしまいます。

 

肩や首、顎に力が入ってしまうと、余計に喉がつっかえて

どもってしまうかも?

 

とくに大きな声で喋らなくてはいけない場面では

お腹(丹田)以外に力を入れる必要はありません。

 

力が入っていない方が、舌もスムーズに動かせます!

是非試してみてくださいね!