会話が苦手を克服しよう!会話力を上げる方法

会話が続くようになりたい。もっと仲が深まる会話をしたい。

人を惹きつける会話が出来るようになりたい。

f:id:maco64:20190305183116j:plain

「会話」に対する様々な希望がありますよね!

実践してみてほしい「会話力を上げる方法」を紹介していきます。

 

 テンションを合わせる

会話の「内容」や「話し方」を急激に魅力的にすることは難しいです。

  • その人特有のキャラクターがある。
  • 会話には正解がない。
  • 簡単にできることなら誰もが話し上手なはず‥

だからこそ「内容・話の構成・話し方」を見直すより先に実践してみてほしいのが、「テンションを合わせる」こと。

 

f:id:maco64:20190305184524j:plain

会話は人と人を結ぶコミュニケーション。
「理解」も大事ですが、「共感」も大事にしたいポイントです。

 

「共感」は「理解し賛同する」だけではなく「気持ちを共有する」ことも必要ですよね?

 

会話が上手い人は、相手にテンションを合わせて気持ちも共有しています。「わかる~!」ってノってあげるだけでもOK!親近感が沸き、会話も弾んでくるはず。

f:id:maco64:20190305184853j:plain

「話し上手は聞き上手」って言われています。

自分が何を喋れば良いかわからなくなる人は、相手に気持ちよく喋ってもらい会話を発展させる方が難易度が低いかも‥!

 

誰もがわかる

会話は「話したいことが相手に伝わる」ことが大前提です。
何を言ってるのかわからない人とは、会話になりません‥。

f:id:maco64:20190305185646j:plain

あなたの声‥届いてますか?

「内容がわからない」以前に、「なんて喋ったか聞こえない」は避けたいところ‥。

  • 声が小さい
  • 尻すぼみになる
  • 自信がなくてどもる

私は大変共感できるのですが、やっぱり「会話」は聞こえてなんぼ

 

会話の内容で「つまんない」って思われたらどうしよう‥と不安になるかもしれませんが、会話の内容が聞こえなかったら「何言ってるのか全然わかんない。変な人。」って思われるかもしれません。

 

どうせ失敗に終わるのであれば、チャレンジして失敗した方がマシ!!

f:id:maco64:20190305190741j:plain

会話は日常茶飯事です。

意外と「プラスのイメージ」も「マイナスのイメージ」も持たれないことが多いです。

 

頑張る必要はありません。「普通の声」を出して、会話をしてみましょう!

 

 

5W1Hを意識しよう

「結局何が言いたいの?」と思われてしまい、自分が一方的に話すだけで終わってしまうこと‥ありますよね。それでは会話とは言えません。

 

まずは、「5W1H」を考えて話すようにしてみましょう。

f:id:maco64:20190305191521j:plain

「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」が5W1Hですね!

 

会話でいうなら‥「いつ」「どこで」「誰が」「どうして」「どうなった」が基本です。

5W1Hの大事なポイント

1番大事なのは「結論」です。
話しているうちに迷子になり‥「あれ?何が言いたいんだっけ?」となりがち。

 

どんなに脚色しても、結論が伝わらなければ意味がありません。

逆を言えば、結論さえ見失わなければ、言いたいことは伝わります

f:id:maco64:20190305192753j:plain

話し始める前に、自分の中で「結論、これが言いたい」というゴールを決めておきましょう。それでもゴールを見失いがちな方は、結論から先に言ってしまいましょう

いらない情報は省く

「5W1H」の次に意識したいのは、いらない情報を省くこと

 

話を面白くするために追加する言葉・文章は良いです!

不要な情報をだらだらと話すのはあまりお勧めできません

 

f:id:maco64:20190305194309j:plain

芸人さんのエピソードトークは、情報の取捨選択が素晴らしいですよね!

 

 1~10まで話す必要はないんです。会話はテンポも大事。時には思い切って「この情報はいらない!」と捨ててしまうことも必要です。

今、求められていることを言う

何事もユーモアがあった方が絶対いい!

 

今、どんな反応をしたら1番喜んでもらえるか。

ユーモアを交えて考えてみましょう! 

f:id:maco64:20190305200957j:plain

ありがちなのは、良くも悪くも真面目に返答すること。

 

会話には流れがあります。

「今の流れなら〇〇でしょ!!」と言われてしまうことはありませんか?

 

もしくは、それすら言われないなら‥

もっとユーモアを持つことをオススメします。

f:id:maco64:20190305201720j:plain

相手の表情を見る

ユーモアを取り入れるのは難しい‥という方は

「何のネタで喜んだか」相手の表情に注目してみましょう。

 

感情の豊かな人もいれば‥
なかなか笑ってくれない人。心を開いてくれない人もいます。

 

ですが、どんな相手でも「気持ち」は持っています
相手の表情に注目して「何の話に興味を持ったか」「何の話で笑ったか」を考えます。

f:id:maco64:20190305203310j:plain

応用編としては、どんな話し方をしたら「話しやすそうにしてくれたか」も見れたらいいですね!

 

間を持ってあげないと、話し出してくれない人もいます。

無口な人!と思っていたけれど、実は「話始めるタイミング」を掴むのが苦手なだけかもしれません。

 

テンションを上げて喋るよりも、丁寧にゆっくり話した時の方が、反応が良い人もいます。

 

自分が話す「内容」に重点を置きすぎて、相手の「気持ち」を無視してしまうのはNGです。

まとめ

会話は「人」と「人」のコミュニケーション。

相手のことを考える。

それが会話上手への1番の近道です。

f:id:maco64:20190305203638j:plain