友好関係を深める会話のコツ「テンションを合わせる」

f:id:maco64:20190115193934j:plain
以前、「良い人なんだけど‥なんか話しにくい!を分析してみよう」というブログを書きました。今回は、その続きです!

⇓⇓「良い人なんだけど‥なんか話しにくい!を分析してみよう」も良かったらご覧ください!

www.rakukatsu-diary.com

「目的を合わせる」のおさらい 

以前のブログでは‥

話が噛み合っていないワケじゃないのに、なんか話しにくい。

その理由は「目的が違う」から、というお話をしました。

f:id:maco64:20190301181416j:plain


わたしが「具体的な仕事の相談」をしているのに相手は「めんどくさいよね!嫌だよね!」という”感情”で返ってきた。というのを例にあげました。


最近、飲みに行った友だちもこんな話をしてました。
「ただ聞いてほしいだけのに、アドバイスとかいらない!!」

そうそう。男女の話でよく聞きますよね!!

男性は「困っているから相談されている!解決方法を教えよう」としてくれるけど、女性は「ただ聞いてほしいだけ」

 

男性は女性の「目的」を理解していないワケですね!


自分が男性の立場なら「女性の目的に気づき、聞いてあげる」と上手くいきます。

自分が女性の立場なら「聞いてほしいだけ」と前置きをいれるか、「アドバイスをしたい男性の目的に合わせて、一緒に解決策を考えること」に切り替えると、目の前の会話は上手くいきます。


ただ‥「目的を合わせる」だけでは、相手にとってすごく話しやすい!」にはならないかもしれません。

f:id:maco64:20190301181610j:plain

合わせたいのは「テンション」

相手の「目的」に合わせる。というのは、単に「言葉」だけではありません。

相手の「目的」の中には、「真面目に話し合いたい」といった「テンション」に関わることも入っているのです。

 

f:id:maco64:20190119002119j:plain

 ※ここでいうテンションは「気分」「気持ち」のことです。

1 精神的な緊張。また、不安。「テンションが高まる」
2 (1の誤用から)俗に、気分や気持ちのこと。「朗報にテンションが上がる」「いつもテンションの低い人」
3 張り。張力。伸長力。「ロープにテンションをかける」

引用元:テンションとは - コトバンク

 

真面目な話なら、真面目なテンション。楽しい話なら、楽しいテンション。愚痴を言ってくる場合は、それは大変。つらいよね!っていうテンション。

同じポジションに立って話をしないと、心地よい会話にはなりにくいです。

f:id:maco64:20190301181813j:plain

  • 彼女:明日、水族館に行くの楽しみだねー!
  • 彼氏:ちゃんと時間通り来てね。

会話は噛み合っていますが、彼女は「楽しみな気持ち」を共有したいだけです。

「うん!楽しみだね!」って楽しいテンションで答えてあげると、彼女はきっと喜びます。

 

  • 彼氏:明日、仕事で大事なプレゼンがあるんだ。
  • 彼女:えー!最悪だね!わたしなら嫌だなぁ。
  • 彼氏:実は、部長の指示が自分の意見と合わなくてさ‥
  • 彼女:うわー。やる気なくなるー!


彼女は共感してはいるものの‥「目的」や「テンション」の違いは大きそうです。

彼氏が真面目に話しているのに、もしかしたら弱音を吐いているかもしれないのに、このテンションで来られたら‥ちょっと彼氏が可哀そうです。

「ウソ」をつく必要はない

「目的」や「テンション」を合わせようと思うと‥「思ってもいないこと」を言いがちになります。


これは断言できます。
ウソは言わない方がいい!!!

 

「目的」や「テンション」を合わせるというのは、自分の意見や気持ちを抑えなくてはいけない、という意味ではありません


さきほどあげた例。

  • 彼女:明日、水族館に行くの楽しみだねー!
  • 彼氏:ちゃんと時間通り来てね。

会話が上手くいくためには、彼氏は「うん、楽しみだね!」って言った方がいいです。


でも

もし‥もし万が一!

彼氏は、本当は水族館に行くのが楽しみじゃなかったとしたならば、「楽しみだね」とは言わない方がいいかもしれません。

f:id:maco64:20190301182030j:plain


だって、考えてもみてください。行く前から楽しみじゃなかったうえに。

当日本当に楽しくなかったとき‥!! 

  • 彼女:〇〇君も楽しみって言ってたじゃん!
  • 彼氏:〇〇ちゃんに合わせただけで、本当は全然行きたくなかったし!

なんてことになるかもしれません!


「ウソ」はいつかバレる可能性が高いです。

「水族館に行くの楽しみ~!」くらいのウソなら、1日だけ楽しい素振りをすれば丸く収まるかもしれませんが‥


前と言ってることが違う‥ってなったとき。
信頼を失うことになりかねません。


とくに、良かれと思って、優しくて「ウソ」をついちゃう人。

「良い人」と思われやすい分、それが「ウソ」だったとバレてしまったら‥
「八方美人」って思われちゃうかもしれません。

f:id:maco64:20190115190901j:plain

「ウソ」をつかず、相手に合わせるって?

引き続き、さきほどの例で考えてみます。
彼氏君は、本当は全然楽しみじゃないと仮定しましょう。


まぁ本当に楽しみだったら「ちゃんと時間通りに来てね」なんて‥言わないですしね(笑)


彼女の目的は、楽しみなことを共有したい!
彼女のテンションは、もちろん「楽しい」!

 

彼氏が「ウソ」をつかず、合わせられるとしたら‥

「〇〇ちゃんが嬉しそうで、俺も嬉しい。」を楽しいテンションで言う。


彼女が楽しそうにしている姿を見ることが楽しい!っていうテンションですね!

うん。ウソはついていない(笑)


このセリフ。テンションを間違えると「え。水族館は楽しみじゃないの?」とか突っ込んでくる女性がいるかもしれません。

だから楽しいテンションで言うところもポイントです。

 

f:id:maco64:20190301182445j:plain

 人間誰しも、好みは違います。感覚は違います。


違う考えを持っていて当たり前なのですから、否定する必要もないし、無理して賛同する必要もありません!

相手の「目的」「テンション」を分析して、「ウソ」はつかず応えてあげる。

たまには、自己中心的になっちゃってもOK!大事なのは、「今自己中心的だったかも」と気付くこと。

気付けることで、次は変わるかもしれません。
次回に活かせば良いのです。