【コミュニケーションが苦手】「空気が読めない」「自分が話すと会話が止まってしまう」を克服しよう!

f:id:maco64:20190110225029j:plain

会話は『話す』『聞く』の繰り返し。

近年「聞く力」が話題になりましたが
聞いたあとの返事も重要なポイントです。


「空気が読めない」「自分が話すと会話が止まってしまう」

その「原因」と「対策」を一緒に考えてみませんか?

「空気が読めない」「自分が話すと会話が止まる」を紐解いてみる

きっと少しでも身に覚えのある方(=自覚がある方)が、このページをご覧くださっていると思います。

  • 「空気が読めない」
  • 「自分が話すと会話が止まる」

そう思ってしまった状況は思い出せますか??

 

f:id:maco64:20190301173601j:plain

 

私も過去に「あれ?もしかして空気読めてない?」
と思った瞬間がいくつもあります。

みんなワイワイ喋っていたのに
わたしが喋った瞬間‥会話が萎んでいってしまったことが、何回もあります。

 

今ならわかりますが、共通している原因は
「みんなが思っていた返事と違った」ということでした。

 

f:id:maco64:20190301174330j:plain

 

「空気が読めない」とは、どういう状態か考えてみると‥

「相手(周り)の状況・心情、その場の雰囲気を察することができない」といったところでしょうか。

言い換えると、「自分本位」「自己中心的」な状態とも言えます。

「自分本位になってしまう」のは どんなとき?

さきほども聞きましたが「どんな状況だったか」思い出してみてください。


いつもそうですか?

「何かの条件下におかれたとき」ですか?

「誰か特定に人物に対して」ですか?

 

f:id:maco64:20190301174756j:plain

まずは「何かパターンがある場合」に焦点を当ててみたいと思います。


1つ例を挙げましょう。

 

仕事の先輩・後輩の関係です。先輩が後輩に指導をしていました。

すると‥後輩がこんなことを言いました。

「いや、これ〇〇さん(別の先輩)にこうやって教えてもらったんですよ」

 
‥うーん。そうなんだろうけど。

 先輩はまったく「良い気持ち」はしないですね。
どちらかというと「かわいくないなぁ~」と思っちゃうかもしれません。


後輩がしたかったことは「自分が悪いんじゃない」=自己本位の自己防衛。

良かれと思って、「自分が悪くないと証明したい」がために言ったことでしょうが、逆に先輩は気を悪くしていますよね。

 この後輩君は、プライドが高いが故に、空気が読めてないと言えるでしょう。

 

 

f:id:maco64:20190301175633j:plain

 

「会話を止めてしまう」のも同じような状況です。

「別の先輩に教えてもらったんですよ」と言われてしまっては、先輩もスムーズに次の言葉が返しづらいです。

優しい先輩ならば「あ‥そうなんだ‥。悪い悪い!じゃあそうして!」と言ってくれるかもしれませんが‥どちらにしても、会話は続きそうにありませんね。

 

何か「パターンがある場合」の理由には、「プライドが高い」「我が強い」「頑固」などが原因にあることが多いです。

 

あとは、過去の「トラウマ」的なことですね‥


過去に失敗したこと・触れないでほしい状況が目の前にきたとき「反射的にやってしまう・言ってしまう」ことで、その場の空気を壊してしまいます。

気を付けたいポイント

「見栄を張りそう」「言い訳をしそう」「トラウマに近い状況」が起きたとき、「きたきたきた‥!」と気が付けるようになることが大事です。


これはヤバイぞ

やってしまうかもしれん!危機管理ができるようになることが第一歩!

 

そのためには、さきほどの項目。

「自分本位になってしまうのは、どんなときか」を見つけておきましょう。


次に「想像してください」

再び、同じことが起きたとしたならば「なんて答えるか」

f:id:maco64:20190301174925j:plain


では、さきほど例に挙げた「先輩・後輩の話」で考えてみてください。

 

あなたは後輩です。

あなたが仕事をしていると‥

先輩に「あ、違う違う。こうやってやった方がいいよ」と言われました。

でも、このやり方は、「別の先輩から教えてもらった やり方」でした。

 なんて答えますか??

f:id:maco64:20191003203553j:plain

仮に「ベストな答え」が返せなくとも、悲観的になる必要はありません。
また次に同じ状況が起きたときに、「前回よりは」良い答えが言えれば良いのです。

 

ちなみに私だったら‥
「わかりました。ありがとうございます!」とだけ答えてしまうと思います。

※例題には「先輩との関係性」や「指導の内容」が含まれておらず状況により「ベストな答え」は変わってきますので‥これは『正解』ではございません!!(マネをして何か起きても責任はとれません‥)


さて、私が「わかりました。ありがとうございます。」と答える理由ですが、簡潔に言えば「先輩の気を悪くしないため」です。

"別の先輩"のことを言ったならば「引き合いに出したこと」が不快かもしれないし、「言い訳」に捉えられかねないです。

f:id:maco64:20190305194309j:plain


‥細かいことを言うと、理由はもっとあります。(本題とはズレるけど)

 

先輩2人のやり方が各々違うのであれば、「やり方がいくつもある」であることが予想できます。であれば「結果、完了できれば」OKはなず。

先輩も「こうやってやった方がいいよ」と言ってますし、素直に聞くだけ聞いておくワケです(笑)

 

f:id:maco64:20191003204405j:plain

また、別の答え方として「そういったやり方もあるんですね!ありがとうございます。」と答えるのも良いですね!

 

「誰かから教えてもらったの?」と聞かれてはじめて、違うやり方で教えてもらったことを答えます。そうすれば「言い訳」ともとられませんしね!

まとめ

  • 上手くいかなかった状況を洗い出す
  • 条件・パターンを見つける
  • 再び同じ状況が起きたらどうするかを想像する
  • 「きた!」と気が付けるようにする
  • 上手くいかなくても、次に活かす

 条件がなく「いつ何時もやってしまう」

何かの条件にあてはまった時ではなく、いつも空気が読めない。会話を止めてしまう方。

特定のパターンが見つからなかった方の場合は「今まで生きてきた人生の中で、学ぶ機会がなかった」のだと思います。

とくに、幼少期・こどもの頃に。

 

小さい頃、お友だちを泣かせてしまったり、困らせてしまったり、喜ばせたり、笑わせたり‥

そんな経験を経て「何をしたら喜んでもらえるのか」「何をしたら悲しませてしまうのか」を人は学んでいきます

親に褒められたり、叱られたりして、気付いていきます

f:id:maco64:20190301180034j:plain

「自分の概念」と言いますか「自分」というものは
今までの人生で経験してきたことで出来ています。 

 

過去に起きたデータと照らし合わせて「今どうするか」を判断しているんですね。

その「人間関係に関するデータ」を蓄積していない可能性があります。


大人になってから学んでいくことは、決して不可能ではありません。

ただ、こどもの頃ように「素直な感情をそのまま表現する」人が、周りには少なくなってしまっています。


「泣いてくれたら」「困ってくれたら」気づきやすいですが‥

あなたが「空気の読めない」一言を言ったとしても、「空気を読んで」返事をしてくれちゃいますよね。
親のように、褒めたり叱ってくれる存在も、なかなか見つけにくいと思います。

 

そこまでの「自覚」を持って日々を過ごし、挑戦して、考えて、行動していけば「データは蓄積されていく」でしょう。

すぐには上手くいくものではありません。
専門的な知識を学んでいくのも良いかもしれません。

とにかく、行動しないと何も変わりません。
「知る」
がゴールではありません。「できる」を目指していきましょう!