不幸・トラブルが続くのは「過去の成功体験」を繰り返しているのかも?

f:id:maco64:20190109231304j:plain

不幸なこと・トラブルが
何度も身に降りかかってくる‥

なんで「私ばっかり?」

全くトラブルが起きない人もいれば
何度も何度もトラブルに巻き込まれてしまう人もいます。

もしかしたら‥
自分でトラブルを引き起こしているのかもしれません。

スポンサーリンク

何度も起こる「不幸」「トラブル」

私はどちらかと言えば
過去に何回もトラブルに巻き込まれました。

  • 「自分で招いた」もの
  • 「運悪く巻き込まれた」もの
  • 「誰かのせいで巻き込まれた」もの

大なり小なりありました。

色々な種類のトラブルがありはしましたが
「同じようなこと」もたくさんありました。

何度も繰り返す「YESマン」

例えば‥

できる自信がないことでも
「やります」と言ってしまった。

それってトラブル??と思いますよね。

f:id:maco64:20191006121259j:plain

上司から、
できるか自信のないことを指示されて

「やります!」と言った

 

とはちょっと違うんです。

 

この「やります」は、

  • 自分を鼓舞するため
  • 上司の期待に応えたい
  • 成功したら自分の糧になる!

と言った、
良い意味の「やります」だと思います。

f:id:maco64:20191027183426j:plain

ちょっと極端ですが
私が言ってしまった「やります」は‥

付き合っていた彼氏に
「メールは5分以内に返せ」と言われて

「わかった」と言ってしまった。

いや‥
できる訳ないですよね‥

f:id:maco64:20191004030637j:plain

無理とわかっていても
「やります」と言ってしまい

「約束を破った!」と怒られ
とんでもない目に合いました。

 

これで懲りたはずの私ですが‥

「やります癖」は
なかなか直りませんでした。

 

あえて小さな例を挙げます。

スケジュール的に難しい仕事

他の仕事で手一杯の状況。
そんなときに仕事の依頼がありました。

自分を鼓舞して何とかなるレベルではありません。

でも、断れませんでした。

睡眠不足になりながら一生懸命やりました。

ですが‥
無理して推し進めたため
ミスが発覚。

良かれと思って受けた仕事で
評価を下げる結果になりました。

 

先約があるのに‥

先にしていた約束がありましたが
同日に別の人からお誘いがありました。

「この日じゃないと無理なの!お願い!」
と言われ‥

渋々了承してしまいました。

先に約束していた子に
「別の日に変えれない?」と聞くと‥

「この日じゃないと無理」

八方塞がり‥

f:id:maco64:20191016221123j:plain

先に挙げた「彼氏との無理な約束」は
自分の中で印象深いトラブルでしたが‥

今挙げた2つは
トラブルとも思っていませんでした。

 

でも、3つとも原因は同じ
「イエスマン!!」

 

このように、
大きく見えるトラブルも
些細なトラブルも

根本的な原因は同じであることが多いのです。

スポンサーリンク

同じことを繰り返し始めた「キッカケ」

トラブルの種類は様々あります。

先ほどの例は「イエスマン」でしたが

  • 「人間関係のトラブル」
  • 「お金のトラブル」は深刻です。

でも、その大きなトラブルも
始まりは「幼い頃の些細なこと」かもしれません。

小さい頃に「褒められた」

人の「脳」は、
大人になるよりずっと早く成熟します。

その年齢は「9歳」と言われています。

 

つまり‥

9歳頃までの体験によって
自分なりの「人生の教科書」を完成させます。

f:id:maco64:20191015214956j:plain

例えば「イエスマン」

こうなったキッカケは9歳より
過去にあると考えられます。

9歳より小さい頃に
主に、自分の近くにいた人。

大体は「両親」ですね。

 

両親に

  • 一生懸命やりなさいと怒られた
  • 一生懸命やったら褒められた
  • 努力しないと認めてもらえなかった
  • 努力したら褒められた

 

幼い頃の私にとっては

できないことでも
「やります!」ということが

  • 認めてもらえる手段
  • 褒められる方法

だったんですね。

言い換えれば

「過去の成功体験」によって
「人生の教科書」を作ってしまったんです。

f:id:maco64:20190301211528j:plain

トラブルの原因

「イエスマン」を具体例として
話をしてきましたが‥
 
他にもトラブルに繋がる「原因」は
いくつもあります。
 
  •  問い詰められると思わず「嘘をついてしまう」
  • 「お金がない」のに買い物をしてしまう
  • 交友関係が深まってくると「なぜか距離をとってしまう」
  • 決まりかけていたことを「ひっくり返してかき乱してしまう」

経験はありませんか?

このような行動(=原因)により
時には大きなトラブルに発展してしまうこともあります。

 

問い詰められると「嘘をつく」

何事もなく終わることもあれば
とんでもないトラブルに繋がることもありますよね!

嘘をつくようになったキッカケは
まだ幼い子どもの頃。

その場しのぎの嘘ついて
「なんとかなった」

些細な成功体験かもしれません。

トラブルを繰り返さない

私には「こんなトラブルの種がある」

それに気付くこと・知ることが
第一ステップです。

大惨事になるようなことだけが
トラブルの種ではありませんよね!

些細なことも、大惨事になることも
根本的な原因は「同じ」であることも多いです。

「条件」に注目しよう

自分のトラブルの種を見つけたら
次に注目してほしいのは「条件」です。

 

いくら「イエスマン」とはいえ
断ることだってありますよね。

どんなときに「イエスマン」なのか。
それが「条件」です。

 

不思議と「できる」ことだと
断われたりもするのです。

私でいうなら「お皿洗い」とか‥

「え~ヤダ。めんどくさい。」
って言えちゃいます。

 

私がトラブルに繋がりそうな
「イエスマン」を発動していたのは‥

  • 頑張らないとできないこと
  • 無理難題であること

頑張ること、努力することを
過去に褒められているので

「挑戦する」「諦めない」ことが
正義だと思い込んでいたのです。

「条件」からフラグを回収する

残念ながら「条件」を知ったとて
条件自体の回避はできませんよね‥

  • 難しい仕事は頼まないでくれ!
  • 無理難題を押し付けないでくれ! 

そんなことは言えません。

 

条件が揃ってきたことに気付き
「フラグ」を回収するのです。

 

この流れでいったら
イエスマンしてしまう‥
(↑イエスマンフラグ)

いや、イエスマンしない!
(↑フラグ回収!)

 

すごく単純なことですが
  • トラブルの種を知る
  • 条件を知る

この2つの工程がないと
フラグは回収できません。 

まとめ

「あ!こんなこと過去にもあった」
知ることで変わることはたくさんあります。

「なんで私ばっかり?」
思い悩むのではなく
 
  1. 過去に同じような経験はないか考える
  2. そこに共通点はないか考える
  3. 自分が持っているトラブルの種を知る
  4. トラブルを引き起こす「条件」を知る
  5. 「条件」が揃ってきたことに気付けるようにする
  6. 「条件」が揃ったらフラグを回収する

繰り返しているのは
『幼き頃の成功体験』です。

今はもう、幼い頃のあなたではありません。

今の自分で、自分の『生き方の教科書』を作り直すのです !!

 

\過去の自分を振り返る/
インナーチャイルド改訂版 本当のあなたを取り戻す方法 [ ジョン・ブラッドショー ]

\私が心理学を学んだ書籍/
ギスギスした人間関係をまーるくする心理学 エリック・バーンのTA [ 安部朋子 ]

 

\クリックで応援お願いします⇊/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

《関連記事》

www.rakukatsu-diary.com