らくかつだいありー

「楽しく」「楽」に過ごすための「活動」が『らくかつ』!

声量が上がった!「歌おう」をやめてみた

f:id:maco64:20190116223124j:plain

 

歌では「声量」も1つの大事なポイントです!
でも‥「歌おう」と意識しすぎると、無意識に声量をセーブしてしまうことも‥

身体の使い方は、意識1つでも変わります。
今回は、声量を上げるコツを紹介していきます!

 
<目次>

歌おうと思うと‥息が漏れる!?

わたしは「歌おう!」と意気込んだり、「歌おう!」と意識しすぎると「息が漏れます」。

※ハァハァ言う訳じゃありません!(笑)


「息混じりの声」(声と息が混じっている)っていうと、伝わりやすいでしょうか?大袈裟に言うと「内緒話の声」みたいなイメージです。


さすがに「内緒話」のように囁いて歌ったりはしませんが
息を吐いた分、すべてが「声」(=音)になっていた方が声量があがると思いませんか?

 

「息混じり」は、「声になっている音」と「声になっていない音」があるようなイメージ。息をどれだけ吐いても「音にならず、抜けてしまっている音」があるのはもったいない! 

息の無駄遣いは、疲れるうえに声が思ったよりでません。。


そこで、わたしは「歌おう」ではなく、「喋ろう」に切り替えました。

f:id:maco64:20190117004715j:plain

「喋ろう」が良い理由

大半の方は、喋るときって「息混じり」ではないんです。

(人によっては、「喋る」ときから「息混じり」=息が抜けてしまっている方もいるかもしれませんが‥。)

 

喋るときは無意識に「ちゃんと発声できている」のに、いざ「歌おう!」と思うと‥

  • 音程が合っているか気になる。
  • リズムが合っているか気になる。
  • 高音がでるか心配。
など、「自信がないから無意識にセーブ」してしまい、無意識のうちに「ちゃんと発声しない声」が混じってしまっていました。


でも「喋るつもり」で歌うと、変に声色を作ったりしなかったのです。 

「喋る」ような感覚で「歌う」には

とはいえ「喋る」ように「歌って」みて!と言われても‥いまいちピンときませんよね?

 
わたしがやっている実践方法は、歌う前に「大きな声で喋ってみるです。

 そうそう。この感じ!‥と、身体で覚えていくワケです。


理屈を理解するのも大事かもしれない‥。
でも「知ってて」も「できなきゃ」意味がない‥!!


ここで、注意したいポイントその①
「大きな声で喋ってみる」の時点で、息が抜けていたら意味がありません。

 

そうですね‥
イメージは【応援団の団員になった】とか【学校集会の生徒会長の挨拶】なんかピッタリかも!

【生徒会長の挨拶】は、学校集会の始まりに、体育館に響き渡る大きな声で「おはようございます!」って言うやつです。(私が通っていた学校だけだったらすみません‥)

 

注意したいポイントその②

あくまで「喋る」です。「叫ぶ」ではありません!

本当は「叫んでもいい」のですが、「叫ぶとガサガサした声」になってしまう人がいますよね‥。いわゆる「喉で発声」というやつです。

だから、お腹から発声するために「大きな声で喋る」です。

 

喋っては歌い~‥
歌っては喋り~‥

を繰り返しているうちに、なんとなく身についてきました。

 

もしかしたら、わたしとは逆で、「歌うと声が出るのに、喋ると声が小さい」っていう人もいるかもしれませんね!

 

「歌う」のと「喋る」のでは、厳密にいうと口の開き方が違ったりもしますし、声を飛ばす方向もTPOで変わります。


でも、息を吸って、空気が肺に入って、声を出すという流れは一緒。
声が出るときと、出ないとき、何が違うんだろう~??って考えてみるのも、声量を上げる手段の1つかもしれません!

 

ウタエット ストレス発散 発声練習 カラオケ練習 UTAET ウタエット 70%消音機能 自宅でカラオケ 一人カラオケ ホームカラオケ ボイストレーニング ボイストレーニングの講師が開発

価格:4,298円
(2019/2/6 20:42時点)
感想(64件)