らくかつだいありー

「楽しく」「楽」に過ごすための「活動」が『らくかつ』!

【話し方のコツ】人前で話すことが苦手‥噛まないようにする方法!準備編

f:id:maco64:20190113180332j:plain

 『人前で話すこと』が苦手な方。多いと思います。

噛んだら嫌だなぁ~‥

間違えたら嫌だなぁ~‥

 

今回は、「人前で話すこと」を任されてしまった方へ向けて
【噛まないようにする】事前準備をご紹介していきます!

 

 <目次>

準備その①区切るポイントを決める

  • 会社の新年会・忘年会の司会
  • 仕事のプレゼン
  • 結婚式二次会の司会

などなど、「大勢の前で話すこと」を任されてしまうことがありますよね!

 

今回は【噛まないようにする事前準備】なので
「原稿がある」前提で話しを進めていきます。

 

(伝わりやすい原稿の作成方法は、また別の機会にご紹介していけたらと思っています)

 

まずは、原稿を声に出して読み上げていきます。

できれば、本番さながらにお願いします!

 

読み上げながら「ここで区切ろう」というところにをつけていきます。

 

印はなんでも良いです。読むときに「区切る」ことがわかればOK!

 

ちなみに。わたしの場合は「スラッシュ」を入れています。
(スラッシュは「/」です)

 

例えば、こんな感じです。

「本日は/お忙しい中ご出席いただき/誠にありがとうございます」

 

「どこで区切ると言いやすか」を考えて印をつけましょう。

 

人によって、どこで区切ると言いやすいかは変わると思いますので

「本日はお忙しい中/ご出席いただき誠にありがとうございます」

でもOKです!

 

この作業を行う意味は、

  • 原稿を見やすくするため
  • 息継ぎをしやすくするため
  • 変なところで区切らないようにするため

 

ぎっしり書かれている原稿は、大変見にくいです。
スラッシュを入れることで、自分自身も原稿が見やすくなります。

=原稿が見やすくなることで、噛んでしまう可能性が低くなります!

 

f:id:maco64:20190115011142j:plain

また、「噛まないように」とは関係ありませんが‥

●緊張すると、呼吸が浅くなります。
原稿を読んでいる最中で、息が続かなくなり咽てしまうのは恥ずかしい‥!
事前に区切るところを決めておくと、咽るほど息継ぎを忘れる可能性が低くなります。

 

●緊張すると、頭が真っ白になってしまう方もいます。
「自分が今、何を話しているのか」わからなくなると‥
変なところで区切ってしまい、意味が伝わらなくなる恐れがあります。

 

 事前に区切るところを決めておくと、仮に自分が「何を話しているのか」わからなくなってしまっても、意味は伝わります!

 

また、「区切る場所を間違える」と「意味が変わってくる」ような文章もあります。

 

例えば、「AさんとBさんの友だちと出掛けた」という文章を例に挙げましょう。この文章は、2つの意味で捉えることができます。 

①「Aさんと、Bさんの友だち」であれば「Aさん」+「Bさんの友だち」
②「AさんとBさんの友だち」であれば「友だち1人」だけですね!

 

 

「噛まないように」とは関係ありませんが
区切るところを決める際に、注意した方が良いポイントになります!

 

準備その②言いにくい言葉に印をつける

 原稿の中には、言いにくい言葉・苦手な単語が入っていることもあります。

 

 原稿を勝手に変えてしまってもOKであれば‥
自分が言いやすい言葉・単語に書き換えてしまいましょう!

 

でも、そうもいかない場合もありますよね。

その単語が、自社の商品名だったら絶対に変えられません!

 

まずは、言いにくい言葉・苦手な単語をピックアップします。

ピックアップの方法は、過去のブログに記載しているので参考にしてください。

 

www.rakukatsu-diary.com

 

言いにくい言葉・苦手な単語の中に潜む
「本当に厄介な1文字」を見つけることはできましたか?

厄介な1文字の攻略方法も、上記ブログに記載しています!

読んでいただいたうえで‥原稿にどうやって反映するか。です。

 

では、例を挙げて紹介していきます。

 

例によって 東京特許許可局というフレーズでいきましょう!

「きょきょく」「か」が厄介な単語という設定でいきます。

 

①苦手な単語を細分化します。

東京特許許可局」だと見づらいので「東京/特許/許可局」にわけます。

 

②苦手な部分に印をつけます。

<原稿を打ち換えられる場合>

f:id:maco64:20190114154414j:plain

例文まで直筆で申し訳ないのですが‥(笑)

苦手なところは「ひらがな」に変え
その中の厄介な文字に〇をつけておきます。

 

<原稿を打ち換えられない場合>

f:id:maco64:20190114154625j:plain

 

もし、苦手な言葉が、漢字1文字の中に入ってしまっている場合は‥

f:id:maco64:20190114154828j:plain

こんな感じで、読み仮名に〇を付けます。

 

 原稿に予め工夫を凝らすことで、当日のお守りにもなります!是非、実践してみてくださいね!