らくかつだいありー

「楽しく」「楽」に過ごすための「活動」が『らくかつ』!

【活舌トレーニング】言いにくい言葉をなんとかしたい!part1

f:id:maco64:20190109192113j:plain

言いにくい言葉ってありますよね‥

私は人前で話す仕事をしていますが

 

なんと!!

『カ行』『サ行』『ナ行』『ラ行』が苦手です!!

 

「サ行1文字」なら言えるけど
「サ行が2文字続くと言いにくい」とか


「ナ行」と「ラ行」が
「たくさん入った文章は言いにくい」とか


人それぞれ苦手な言葉・文章ってあると思います。


苦手な言葉を使わないで生活できたら良いですが、そうもいかない場面もあります。


今回は「根本的に活舌をよくするためのトレーニング方法」
ではなく

即席でなんとかしたい・小手先テクニックを紹介します。

 

目次

 

小手先テクニックを紹介する理由

なんで「小手先テクニック」なのか。と言うと
活舌を良くすることって、本当にトレーニングが必要だからです。

 

例えば「東京特許 許可局 」っていう早口言葉がありますが
この早口言葉は「許可局」を「きょきゃきょく」って言いがちですよね。

カ行が苦手だと言いづらいと思うんです。

 

でも、この言葉を言えるようになったからと言って
他の「カ行」の言葉もすんなり言えるようにはならないと思います。

 

カ行といっても、母音は「あいうえお」。
口の開け方だって直さなきゃいけないかもしれないですし
専門的なことを言うと、カ行は「無声化」しなくてはいけない場面もあります。

そんなことを1つ1つ学ぼう。と努力し続けることができるのは
アナウンサーや声優志望じゃないと、なかなか難しい!

 

だから、今回紹介するのは
「ただ単に、言えない言葉を言えるようにする」小手先のテクニックです。

(根本的に活舌を鍛えるトレーニングも、またいつか書きたいとは思っています。)

 

さっきの例でいうと「東京特許 許可局」を言えるようにするコツっていう感じです。

 

小手先テクニックを欲する瞬間

そもそも「活舌よく言いたい場面」に出くわさない。
そんな方も、もしかしたら中にはいるかも?

 

 わたしがパッと思いつく、近々にどうにかしたさそうな場面は

  • 自分の会社名が言えない
  • 取引先の会社名が言えない
  • 自社商品の名前が言えない
  • 言いにくい苗字(名前)の人がいる
  • プレゼンで噛んでしまう
  • 新年会・忘年会・結婚式の二次会などで司会を頼まれてしまった
  • 結婚式のスピーチ
  • プロポーズをするから噛みたくない

思い当たる場面があった人は、続きをご覧くださいませ。

f:id:maco64:20190109204459j:plain

 

早速、紹介していきます!

まずは、「どこが苦手なのかを明確に確認します。

  1. 苦手な言葉・文章を、全部ひらがなで書きだしてみてください。
  2. 声に出して、読み上げてみてください。

 

恐らく、全部が全部噛んでしまうことはないと思います。

単語でも文章でも、厄介な1~2文字が潜んでいませんか?

 

厄介な文字というのは、恒例の「東京特許 許可局 」を例に挙げると、
「きょきょく」を「きょきゃきょく」って言っちゃう「か」みたいな存在です。

 

厄介な文字を発見したら、次の段階。
「どうしたら言いやすいか」を見つけます。

  • 厄介な文字を、強く言ってみる
  • 厄介な文字を、弱く言ってみる

 

わたしの場合はもっぱら「強く言います」
「きょきょく」みたいなイメージですね!

 

なぜかと言うと・・

弱く言うのは、本当に小手先中の小手先テクニックで
率直に言ってしまえば「ごまかす」イメージになります。

 

強く言ってみて無理だったら、弱く言ってみるのも手。
くらいに思ってもらえれば幸いです。

ダダ噛みするくらいなら、それとなく「ごまかそう」っていうことです(笑)

 

人間の脳って本当にすごくて、前後の話の流れだったり
聞き馴染みのある言葉であれば、頭と終わりだけ聞こえていれば
「多分こう言った」ってわかってくれる可能性が高いんですね。

 
できれば、まずは「強く」言ってみてください。
苦手意識は持たず、自信を持って発音してみてください。

 

例をもっと挙げておきましょう。

●【派出所】
「はしゅつじょ」は「はしゅちゅじょ」と言いがちですね。
「はしゅじょ」

 

●【マサチューセッツ州
「まさちゅー せっつ しゅう」は「まさちゅー せっちゅ しゅう」と言いがちです。
「まさちゅー せっ しゅう」

 

もしかしたら「ましゃちゅー せっちゅ しゅう」になっちゃう人もいるかも。
「まちゅー せっ しゅう」

 

いかがでしょうか?ちょっと言いやすくなりませんか?

他にも言いやすくなるコツはあるので、また紹介します~!