らくかつだいありー

「楽しく」「楽」に過ごすための「活動」が『らくかつ』!

【話し方のコツ】話し上手は構成だけじゃない。言葉選びを磨いてみよう!

f:id:maco64:20190107103519p:plain

上手く話せるようになりたい!
そう思っている方はとても多いはず。

でも、プレゼンと違って日頃の会話では、事前準備をして話すことは難しいですよね。

 

「話の構成を瞬時に整える」のは鍛錬が必要ですが「言葉選びを磨く」のは比較的簡単にできます‥!

 

<目次>

 

「言葉選び」って何?

言葉選びとは「使う言葉」を選ぶこと。

つまり『言い回し』ですね!

 

言葉を選ぶためには「語彙力を高める」ことが必須ですね!

 

とはいえ、ムズカシイ言葉に 言い換えれば良いってものではありません。

自分が知らなかったようなムズカシイ言葉は、相手も知らないかも‥。

 

わたしが「言葉選び」をする時に、考えているポイントは

  • 「同じ意味」の「違う言葉」も探してみる
  • 副詞などの「飾り言葉」をつけてみる
  • インパクトのある言葉」を使ってみる などです。

 

言葉選びは「印象」にも関わる

話上手に見えるだけでなく「与える印象」も変わります。

 

わかりやすい例を挙げると、

「ごめんなさい」「すみません」「申し訳ございません」この3つの言葉は同じような意味を持っていますね。

 

それぞれ言われたときに、どんな印象を持ちますか?

 

「ごめんなさい」はちょっと稚拙な感じがします。でも言われる場面によっては「可愛い」感じもします。

 

 「申し訳ございません」はきちんとした印象があります。仕事では当たり前に使いますが、プライベートで言われたらちょっと堅い気もします。

 

「すみません」はちょうど中間でしょうか。

 

TPOを考えて使うべき「言葉選び」ですね!

その場・その時に合った言葉を選ぶことも大変重要です。

 

 

次にこんな例はどうでしょう。

プレゼントをもらったときのリアクションです。「嬉しい」「とっても嬉しい」「今年1番嬉しい」

 

 喜んでいることの比率がどんどん上がっていませんか?

※大袈裟に言いすぎると嘘っぽくなるので注意。

 

 言葉選びを間違うと「失礼だと思われる」「稚拙に感じられる」「誤解を招く」ことになりかねません。

 

そして、良い言葉選びができると「面白い人」「気が利く人」「感情が豊かな人」「知的な人」といった好印象を与えられる可能性が高まります!

 

f:id:maco64:20190107110729j:plain

 

 よく使う言葉を思い出してみよう

「同じ言葉」を乱用していると、「稚拙な印象」を与えたり「説得力が低く」なったりします。

 

何を見ても、何をされても「すごーーーい!」と反応してしまう人。

誉め言葉なら相手も悪い気はしませんが、そればっかり言っている人に言われても「お世辞」と捉えられてしまうかもしれません。

 

映画を見ても、演劇を見ても、絵画を見ても「すごーーーい!」だと、「本当にわかっているのかな?」と説得力がないように思われてしまうかも。

 

あと、「口癖」って結構気になりませんか?

 

文章の繋ぎで「同じ言葉」ばかり言う人がいます。

「纏めると」「要するに」を連呼する人がいますが‥「何回纏めるねん!」と突っ込みたくなっちゃいます。

 

場合よっては「偉そう」「仕切りたがり」という印象を与えてしまうかもしれません。

 

口癖は無意識な可能性が高く、気が付かないと直りません。

 

あなたには「よく使う言葉」はありませんか?

 

 

かくいう私も「でも」をよく使ってしまいます。下手すると「喋り出しのド頭」で「でも」とか言っちゃう時があります。

 

え。何に対する否定‥?と自分で突っ込みそうになります(涙)

 

言葉選びは「楽しむこと」が大事!

なんでもそうですが「億劫だなぁ」と思ってやるよりも「楽しんでやる」方が効率が良いです。

 

私は「人前で話す仕事」をしていますが「誇張すること」が割と好きです。

好きなことなら楽しんでできますよね。

 

インパクトがある言葉を「キラーワード」と勝手に呼んでいて

「キラーワード探し」には余念がありません。

 

‥誇張しました。余念はあります。

 

(キラーワードは一般的には、キュンキュンするようなフレーズみたいですね)

 

日頃使わないような言葉を覚えるのは大変ですが「一世一代の」「いわずもがな」「過言ではない」とか

誰もが知っているけど日常会話であまり発しない言葉を、あえて使ったりしています。

 

 

あえて逆のことを言って「突っ込みたい」と思わせる、悪い意味ではなく「相手の感情を刺激する」ことも好きです。

 

野菜嫌いって周知されていますが「生粋のベジタリアンだけど、今日は気分じゃない」と言ってみたり。

 

そんなに怒っていないって相手もわかってるけど「今怒り以外の感情がない。」って言ってみたり。

 

あとこれも好きですね!

「モフモフ」とか「じゃんじゃん」とか「モリモリ」とか、稚拙な言葉なんだけど、なんか気を惹くワードも好きです。

 

自分が 楽しめる「言葉選び」からはじめてみてはいかがでしょうか?