らくかつだいありー

「楽しく」「楽」に過ごすための「活動」が『らくかつ』!

【コミュニケーション】第二印象がチャンス!

f:id:maco64:20190105203943j:plain

第二印象はいわゆる「ギャップ」
第一印象が大事なことは、前回熱弁しましたが‥

 

www.rakukatsu-diary.com

付き合いが長くなってくると「ギャップ」を感じる場面に出くわします。

個人的にそのギャップは第一印象よりも影響力があると感じています。


なぜなら‥ギャップを感じた瞬間
「なんて魅力的なんだろう!」とトキメク可能性が非常に高いからです。

 

<目次>

 

第二印象とは

第一印象のほかに、「第二印象」「第三印象」という言葉が使われていますが‥

第一印象は初めて会ったその瞬間。3~5秒ほどで与える印象になり、「身だしなみ」や「しぐさ」「表情」が大部分を占めてきます。

 

「第二印象」「第三印象」は、概念が様々あるようですが、

私が「影響力がある」と感じているのは「第一印象の次に、相手に与える印象」です。

 

それは、第一印象のすぐあとの場合もあるかもしれませんし、数日・数か月・数年経った頃の場合もあるでしょう。その中でも「予想外の一面」の影響力は絶大だと思っています。

 

第二印象が重要だと思う理由

① 第一印象は、「きっと〇〇な人だろう」という想像の範囲だから

初対面で、何十時間も何日間もずっと一緒に過ごしたならば、相手の本心や人柄も見えるかもしれませんが‥

第一印象は「気が合いそうだった」「良い人そうだった」という想像の範疇であることが多いです。「掴み」みたいなものというと、わかりやすいでしょうか。

 

お互い「様子見」段階なんですね。もちろん第一印象が良いに越したことはありませんが、親密な関係になれるのはその先です。

 

②意外性こそ、魅力を感じる瞬間だから

第二印象を強く感じるのは、「第一印象と違った一面」を知ったとき。

 

「第一印象の通り良い人だった」という印象が最後まで続く人もいるでしょう。

それはそれで大変良いことです。安心感もありますね!

 

ただ不思議なことに、「人の気を惹く」のは「ギャップ」を知った瞬間だったりもします。

 

第一印象とのギャップを感じる瞬間とは

「ギャップ」というと大袈裟ですが‥

  • 大人しそうだと思っていたのに、挨拶が大きな声で好感が持てた
  • 派手な見た目と違って、しっかり者だった

なども、素敵な第二印象ですね!

 

こんなケースもあります。

「気が強くて、誰かに頼ったりしなさそう」だと思っていた人の「弱い」部分を見たとき‥「同じ人間なんだ」と親近感が持てた。「守ってあげたい」と思った。

 

ドラマで見かけるシーン!!

 

 ちなみに‥私自身が言われた「意外だった」エピソードもあります。
それはまだ初々しい高校生の頃。カッコイイなと思っていた男性と初めて2人で遊んだ日に言われました。

「意外とおしゃべりで話しやすかった」

 

それは誉め言葉!?いい意味だよね??‥と焦りました(笑)

 

お互い第一印象は、話してもいない「見ていただけ」の状態。本当に「見た目」だけの情報からは「大人しそう」と思っていたそうです。

 

ところが実際に話してみたら「めっちゃ喋るやん」と思ったらしいです。
一応「良い意味のギャップ」だったらしいので、ほっとしました。

 

大人になってからのエピソードもあります。

私はパっと見の印象は「良く言えば凛としている」らしいんです。率直に言えば「キツそう」ですね(涙)

 

それでもって基本的に人見知りなので、打ち解けるまでに時間がかかったりします。変に真面目なので、仕事中は妙に丁寧な口調だったりすることも相まって‥

多分「お高くとまってる」とか思われてしまうのです‥(そんなつもりは全くないのに‥涙)

 

必然的に、しばらく一緒に仕事をしていると「地が出た」だけで「意外!!」と驚かれます。ある意味「得」ですけどね。ものすごくポジティブに捉えれば‥。

 

「お高くとまってる(誤解だけど)と思っていた人が、お茶目だった」

これってかなり好感が持てませんか?

 

f:id:maco64:20190107023846j:plain

 

第二印象がチャンスと思うワケ

ギャップの良さはみんなが知っていることだと思いますが
私が「第二印象がチャンス」と思うのにはもう1つ大きな理由があります。

 

「第一印象で失敗したってチャンスがある!!」と思えるから

そう思えたら‥楽じゃないですか?(笑)

基本的にはネガティブ発想なんです‥わたし。ネガティブが一周回ってポジティブに生きている感じかもしれません。

 

いつだって、どんなことがあったって、挽回するチャンスがある。

なんとも心強い!!

 

でも、「他人の世界」で生きる必要もないんですけどね‥。

他人の目ばかり気にしていたら、苦しいだけです。

 

「他人目線の世界」にいると、何をするにも怖くなってしまいますから‥。「他人の世界話」はまたいつか機会があれば書いてみようと思います。